Sorayumebako














10/2010 空夢箱  -カフェバー・ギャラリー・古本販売-

施工 / アップライフ

照明計画 / 福西電機株式会社 東 好乃

撮影 / 高嶋 清俊

立地環境は繁華街とはほど遠く人々の生活が滲み出る下町である。
その中で施主のご希望である「空夢箱」の意味合いを際立たせ、
下町に溶け込まない店舗をコンセプトにデザインした。
店名にある『空夢』とは「見もしないのに見たように作り上げて人に話す夢」を意味しており、
そのワードを中心に夢のような別世界に迷い込む空間作りを試みた。

空間カラーであるオレンジは、昼から夜・夏から冬など陽から陰への狭間の色と捉える。
来客者の意識を陽である「日常」から陰である「自身の世界」へ切り替えていただく場所であることを示す。
単色で表現し店舗内外での意識効果を高めている。

また『箱』を連想させるようエントランスから門方フレームを連ならせた。
その門方フレームの構造を利用し、飲食・古本・ワークショップ・ギャラリーという
多種多様な業態に対応するため、客席・本棚・展示パネル・プロジェクターパネルを
構造内に組み込んでいる

Sorayumebako  -Meals,Drinks,Gallery,Books-

Construction / Up Life

Lighting / Fukunishi Electric Corporation, Yoshino Azuma

Photo / Kiyotoshi Takashima 

It is located in the area locals live in, which is far away from the
busy commercial centre.I designed the shop with the concept of “not to blend in the surrounding”,
following my client’s wish to reflect the meaning of “Sorayumebako” to the actual design.
“Sorayume” is a Japanese word meaning “a fabricated dream”, that is, a dream for telling people as if
you actually dreamed it. Having this concept in mind, I designed space where visitors can feel
as if they stepped into another world, like a dream.
The key colour of orange interprets the time between day and night,summer and winter, and yin and
yang.It reveals that this is a place for visitors to change their mind fromthe yang “daily life” to the yin
“private life”. I only selected one colour in order to enhance visitor’s awareness through the shop, from
within and without.

For letting visitors associate “bako” (the variant form of “hako”) meaning “a box” in English, I lined a
series of portal frames from the entrance. I also installed tables, bookshelves, exhibition panels and
projector panels in this unique structure, in order to make use of space for many different occasions.

Collection of works

MORE WORKS